Home » 締め切り後の申込について

締め切り後の申込についてJPDSA愛知県支局


 

エントリー申込書の流れについて

受付を開始すると出場申込書がJPあいぎ事務所へ毎日配達されてきます、締め切り日が過ぎましても締切日の消印があれば有効となっているため、締め切り日から4日間は到着を待っています。
その後JPあいぎ事務所から業務委託している採点管理部へ書類が渡りコンピューターへの入力作業が始まります。(豊川市から名古屋市へ郵送)

 

コンピューターへの入力作業が終わるとヒート数が決定しタイムテーブルが完成しますので、この後に追加を入力するとヒート数を変えなければならない事態が起きたり、タイムテーブルも初めから作り直しとなる場合があります。(当然追加料金が発生します。)

 

この変更作業は大変な作業となりますし当日に間に合わなくなる事も考えられますので、締切日を過ぎた申込をお断りしているわけです。

 

しかし「仕事の都合で締切日後に出場出来ることが判明し、何とか出場したい」と言ってこられる方が稀にいます、愛知県支局としては出場させてあげたいと考えていますが採点管理部の作業が終了していては難しいのも事実です。

 

締め切り後だがどうしても出場したいという場合はまず事務局にお問い合わせ下さい、そして追加入力してもヒート数やタイムテーブルに影響がないと判断できた場合にのみお受けします、ただしその場合は追加事務手数料の2000円が必要です。

 

事務局に連絡なしで送られてきた締め切り後の申込書はそのまま着払いで返送させて頂いています。

 

以上、よろしくお願いします。

 

JPBDA愛知県支局/事務局